Mr.ZEROのNEWSまとめーる!

・・・芸能・ニュース・・・

*

バナナマン日村が真木よう子の蹴り食らうが華麗すぎるww「ジョブチューン」でバナナマン日村が蹴られ「俺も蹴られたい」「ロングヘア可愛い」【Gカップ乳過激水着グラビア画像有】

   

バナナマン日村が真木よう子の蹴り食らうが華麗すぎるww「ジョブチューン」でバナナマン日村が蹴られ「俺も蹴られたい」「ロングヘア可愛い」【Gカップ乳過激水着グラビア画像有】
5152cf38 d23114d7 c8ae8181-s 9da98496-s

ネプチューンがMCを務め、バナナマン、土田晃之、山本高広らが出演する「ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!SP」(TBS・MBS系)が明日11月7日(土)に放送されました。

スタジオで元警察関係者たちがリアルな警察の姿を打ち明ける「警察スペシャル」が展開され、ネプチューンも警察関連のコスチュームに身を包む。ドラマおよび映画の「MOZU」シリーズで公安警察官を演じてアクションも披露している真木よう子が、バナナマン日村に華麗な蹴りを食らわせる場面も。元警察官たちが絶賛する真木よう子の蹴りと、それを受ける日村のリアクションが楽しい。

 

真木よう子 プロフィール

86af97f9-s
芸名:真木よう子(まき ようこ)
本名:金森蓉子(韓国名)
職業:女優
生年月日:1982年10月15日
出生地:千葉県印西市
身長:160cm
体重:非公表
スリーサイズ:B83 W59 H83(2003年時点)
カップサイズ:非公表ですが、バスト92cm推定Gカップといわれています
元旦那:片山怜雄(2008年11月~2015年9月)
子供:女児(2009年5月~)
事務所:フライングボックス所属

■元旦那の俳優・片山怜雄

6e53fc40

名前:片山怜雄(かたやま れお)
職業:元俳優
生年月日:1982年4月1日
出身地:兵庫県西宮市
出身校:兵庫県立西宮北高等学校
血液型:O型

■略歴
・俳優の頃はアミューズに所属していた。
・2008年11月、女優の真木よう子と結婚。2009年5月、第一子となる女児が誕生。 2015年9月、離婚を発表
・結婚後にリリー・フランキーに弟子入りし小説家を目指していたが、結局鳴かず飛ばずだった。

■俳優として出演したテレビドラマ
・天国のダイスケへ〜箱根駅伝が結んだ絆〜(2003)
・WATER BOYS(2003)北嶋大地役
・金曜エンタテイメント 神様、何するの…(2003)吉井怜の兄役
・天花(2004)篠田純一郎役
・めだか(2004)ファミレスの客役
・世にも奇妙な物語〜15周年の特別編〜「運命の赤い糸」(2006)
・快感職人第3話・ゲスト(2006)

■Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/片山怜雄

夫がクリーニング屋でバイトを愚痴って「真木よう子」の最終決断〈週刊新潮〉

 よく「髪結いの亭主」というけれど、それを許しておくほど真木よう子(32)は甘くなかった。6年10カ月に及ぶ元俳優の片山怜雄(れお)(33)との結婚生活を支え続けた彼女だが、実のところ、とっくの昔に愛想を尽かしていたのだ。

***

真木が離婚届を提出したのは9月中旬のこと。以前から夫とのすれ違い生活が囁かれてきた彼女だけに、芸能関係者から“やっぱり”の声があがったのも事実だ。

振り返れば、彼女が“できちゃった結婚”をしたのは2008年。当時、彼女は映画『ベロニカは死ぬことにした』などで人気沸騰中の女優。対して片山は、ほぼ無名の新人だった。

「真木を片山に紹介したのは俳優の瑛太でした。瑛太は片山とドラマ『WATER BOYS』で共演した仲。俳優仲間の飲み会の席で、2人は知り合い、一気に交際・妊娠・結婚と突き進んだのです」(芸能レポーターの石川敏男氏)

翌09年5月、真木は女児を出産するが、翌年には早くも『龍馬伝』(NHK)に「お龍」役で復帰している。

「一方の片山は結婚と前後して俳優を引退。作家を目指してマルチタレントのリリー・フランキーに弟子入りしました。しかし、鳴かず飛ばずで、ほぼ無収入状態で生活費はほとんど彼女の持ち出し。それでも片山が独り立ち出来るようにと、真木は自分の知り合いや仕事を紹介してあげていたのですが、どれも長続きせず、結婚3年目あたりからは見放されていたようです」(芸能デスク)

■生活力がない
その片山、芸能関係の仕事がないことから、一時は都内のクリーニング店でアルバイトをすることも。

真木もそれを知って呆れ返っていたそうです。“うちの亭主は本当に生活力がない。私が産休・育休中なのに収入がないのには愛想が尽きた。働くにしたって、どうしてクリーニング屋なのか。俳優をやっていたんだから、少しぐらい顔が広いはず。そういうコネを生かして飲み屋をやるとか、そういう頭があの人にはないのかしら”と、ぼやくことしきりだったとか」(同)

それでも、彼女がこれまで別れなかったのは、6歳になる長女の存在があったからだと言われている。

真木の娘は来春から小学校1年生です。幼稚園から大学まである私立の一貫校に通わせていますが、名字を変えるなら小学校に入る前のタイミングがイジメられにくいという配慮もあったのでしょう」(同)

もうひとつ気になるのは、男の存在だ。

3年前、真木は常盤貴子の夫で売れっ子演出家の長塚圭史と仲睦まじく腕を絡めて歩いている姿を、写真週刊誌『FRIDAY』に撮られています。2人はその後もデートを重ねており、舞台関係者の間では、離婚で2人の仲がエスカレートしそうだとも言われているのです」(前出の石川氏)

ダメ男を切って、デキる男に乗り換える。女の「最終決断」は、いつも冷徹なのだ。

「ワイド特集 浮沈七度の決算書」より
※「週刊新潮」2015年10月8日号
2015年10月11日(日)8時1分 BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151011-00010000-shincho-ent

真木よう子の豊胸整形前の画像

82958317-s

54526532-s

 

真木よう子の過激グラビア画像

49879651-s 7aff6a64 da6e6ab4-s dee52e62-s edaeb668-s 56a67301-s 755a99b5-s 86af97f9-s 96bbc065-s 82b03dc8-s 506a2a97-s 3fc7f24a-s

      

 - 芸能