Mr.ZEROのNEWSまとめーる!

・・・芸能・ニュース・・・

*

浦和学院高校生、パトリックに人種差別をツイッターでツイートした結果…犯人よしゆきの現在がヤバイことに…2ch「SNSで黒人奴隷発言はまずい」「バカッター」【ガンバ大阪・浦和レッズ】

   

1a0feb58

【サッカー】G大阪・パトリックへの人種差別ツイート、書き込んだのは埼玉県内の学校に通う高校生

ガンバ大阪のFWパトリックに対してSNS上で差別的発言が投稿された問題で、埼玉県内の高校に通う生徒が書き込みを行っていたことが判明した。

同校がホームページ上に掲載したお詫びのリリースによれば、差別的発言を投稿した生徒が保護者を伴って学校に申し出たことで判明したという。

・浦和学院高校HPより
http://www.uragaku.ac.jp/blog/topics_news/2015/11/post-592.html
CVD-Ew6UEAAZASY

そのうえで「パトリック選手とご家族の皆様、ガンバ大阪の皆様、浦和レッドダイヤモンズの皆様、Jリーグとサッカーに関わる全ての皆様、そして、此度のツィッターへの書き込みにより不快な思いをされたすべての皆様に深くお詫び申し上げます」と謝罪するとともに、再発防止に向けた指導を行っていくとしている。

ソース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151130-00010046-footballc-socc

問題の発言

Patric@patricaquiar
http://twitter.com/patricaguiar

よしゆき@Jリーグ垢@takoj2000
http://twitter.com/takoj2000

お前は黒人奴隷なんだからおとなしくしね

no title
no title

 

f46d2529-s

浦和学院高等学校(うらわがくいんこうとうがっこう)は、埼玉県さいたま市緑区にある共学の普通科私立高等学校。略称「浦学(うらがく)」。学校法人明星学園が運営する。偏差値は61。

県内ではマンモス校として知られており、生徒数(約2400人)、募集定員(800人)、受験者数(約4000人)は県内最大規模である。また、甲子園で優勝経験のある野球部をはじめ、テニス、ハンドボールなどスポーツの盛んな学校である。大学進学や語学教育にも重点を置いている。

Urawa_Gakuin_High_School

wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E5%AD%A6%E9%99%A2%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1

明治安田生命J1リーグのチャンピオンシップ準決勝が28日に行われ、アウェイに乗り込んだガンバ大阪が1-3で浦和レッズを下し、決勝進出を決めた。
この試合の延長後半121分にパトリックがダメ押しの3点目を奪った。前半からピッチを縦横無尽に駆け回り、浦和のDFたちを規格外のフィジカルで苦しめ、最後に勝負を決める活躍を見せている。

すると試合後、ツイッター上であってはならない事態が発生した。浦和サポーターと見られるアカウントがパトリックに対し、人種差別の意味が込められたリプライを複数回にわたって送った。このツイートは瞬く間に拡散し、外国のジャーナリストも問題提起するまでに発展している。

そしてパトリック本人もツイートの内容を確認し、自身の見解をツイッター上で表明した。

「試合が終わり、しっかりと自分の役割を果たして仲間達と祝って携帯を見るとSNSでとても残念で酷な人種差別な書き込みがありました」と明かしたパトリックは、さらにこう続ける。

「こういった書き込みはどんな人でも傷つきます。私は黒人であることをとても誇りに思っています。息子も黒人ですし、すごく幸せです。今回の件は、どれほど悲しいかは神様にしか分からないです。

人種差別を受けたのは初めてですし、まさかこの国でそういう目に遭うとは思いませんでした。この国はものすごく好きですし、リスペクトしています。私の中ではマナーや文化が一番いい国だと思っています。

この件での対応はしっかりとやって頂けることを期待しています。今回はわたしがこういう目に遭いましたが…いつかは他の方がこういう目に遭うかもしれないです」

パトリックは今回の件でひどく心を痛めており、最後に「本当に私や私の家族を傷つけました。この書き込みをした方に対してですが、こういうことは人間としてやるべきではない」と発言者を痛烈に非難している。

浦和は昨年、一部のサポーターが「JAPANESE ONLY」と書かれた横断幕を掲げたことでJリーグ史上初の無観客試合処分を受け、クラブとして人種差別を許さない意思を明確にするとともに撲滅へ向けた啓発活動を積極的に行ってきた。その矢先に発せられた1人のツイートで、いままで取り戻しつつあった信頼を一気に失ってしまうかもしれない。

ツイートの主を浦和サポーターと断定することはできないが、パトリックが人種差別の被害に遭ったことは事実。今後この件がどのように展開していくか注視していく必要がありそうだ。

浦和―ガンバ大阪戦に出場して1得点したガ大阪のパトリック選手のツイッターアカウントに、浦和サポーターを名乗る人物から「黒人死ねよ」と書き込まれた。ブラジル人のパトリック選手はチームの通訳に頼んでツイッター上で「まさかこの国でそういう目に遭うとは思いませんでした。私や私の家族を傷つけました」と日本語で応じた。

ガ大阪によると、ツイッターのアカウントはパトリック選手本人のものだという。浦和の広報担当者は「差別は断固として許さない。どのような人物がどのような目的で書き込んだかは特定できないが、引き続き情報収集する」と話している。Jリーグは両クラブと連携して対応を検討している。

浦和は、サポーターが昨年3月、同スタジアム内の観客席に通じる入場口に「JAPANESE ONLY」と書かれた横断幕を掲出して人種差別問題となった。Jリーグは処分として、浦和の主催試合を1試合、無観客で行わせた。

日本サッカー協会の田嶋幸三副会長は「事実だとしたら、本当に情けなくて悔しい。どんな民族でも人種でも大切にし合おうとここ数年取り組んできたので、悲しく残念だ」と話した。

a7e23179700d8a5d91efee860785a85e

a329635ddd8873e831d22662733e55ee

SNSにおける差別的な投稿について

本日28日、開催された明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ(浦和レッズvsガンバ大阪)に関連して、ガンバ大阪のパトリック選手に対する差別的な投稿がSNSにおいてなされたことが確認されました。

発信者がどのような人物で何を目的に書き込んだかは特定できませんが、浦和レッズは差別を絶対に許しません。
昨年には、国際サッカー連盟(FIFA)総会の決議を尊重し「人種、肌の色、性別、言語、宗教、または出自などに関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為を認めない」とする差別撲滅宣言をしました。

また、提携する国連の友アジア-パシフィックと共に差別撲滅に向けた取組みを行うためのアクションプログラム(行動計画)を策定し、5年計画で実施しております。啓発を重視し、ほぼ毎年差別撲滅を推進する「SPORTS FOR PEACE!デー」をホームゲームで設定しているほか、毎試合、来場するファン・サポーターの皆さまにも「差別撲滅宣言」への署名をお願いする等長期的な取組みとして臨んでおります。

浦和レッズは差別を断固として許しません。
今後とも、サッカーファミリーの一員として、差別撲滅に向けた取組みを進めてまいります。

浦和レッドダイヤモンズ

【追記】書き込みした犯人は浦和学院高校の高校生

浦和レッズのサポーターを名乗る人物から人種差別に当たる書き込みがあった問題で、埼玉県内の高校に通う生徒が書き込みを行っていたことが分かりました。高校生は深く反省しているということで、高校は、今後、ガンバ大阪などに謝罪したいとしています。
この問題は、28日に行われたJ1の年間優勝を争うチャンピオンシップの、ガンバ大阪と浦和レッズの準決勝のあと、勝ったガンバのパトリック選手のツイッターに、レッズのサポーターを名乗る人物から人種差別に当たる書き込みがあったものです。これについて、29日、埼玉県内の高校に通う生徒が保護者と高校を訪れ、自分が書き込みを行ったと話したということです。
高校によりますと、高校生は深く反省しているということで、高校は第三者への差別的なことばなどをインターネットに載せないよう指導したということです。
高校は今後、パトリック選手やガンバ大阪、それに浦和レッズに謝罪したいとしています。

 11月28日、ガンバ大阪のパトリック選手に対し、本校生徒が、ツィッターで極めて不適切な書き込みを行いました。このことは、11月29日に、本人及び保護者が、自ら学校に申し出たことにより判明致しました。

パトリック選手とご家族の皆様、ガンバ大阪の皆様、浦和レッドダイヤモンズの皆様、Jリーグとサッカーに関わる全ての皆様、そして、此度のツィッターへの書き込みにより不快な思いをされたすべての皆様に深くお詫び申し上げます。

本校では、これまで国際教養とライフスキル教育を推進し、様々な機会を通じてあらゆる差別が絶対にあってはならないものであることを教育して参りました。また、SNSの利用につきましても、その危険性を教えるとともに誹謗中傷や無断掲載等は決して行ってはならないことを指導して参りました。にもかかわらず、こうした行為を予知予防することが出来なかったことは遺憾であります。生徒指導が至りませず、誠に申し訳ありませんでした。

本件を真摯に受け止めた上で、今後は、改めて人権教育に取り組み、国際教養とライフスキル教育を推進して参ります。

在校生並びに保護者の皆様、卒業生の皆様、本校後援会の皆様を始めとする浦学ファミリーの全ての皆様には、ご迷惑ご心配をお掛け致しますが、今後ともご理解とご協力をいただきますよう、お願い申し上げます。

学校法人 明星学園
浦和学院高等学校

      

 - ニュース